事務所移転解説書

お仕事・会議何でも来い!

事務所移転する場合多くの情報を集めてください

会社での事業拡張、また新規事業を行う時、現在の事務所手狭になって事務所を移転するところも多いのではないでしょうか。事務所移転の場合、まず多くの情報を収集しておく必要があります。こういう時便利なのが不動産情報です。不動産情報は新聞広告や、不動産情報誌、またインターネット上の情報サイトなどにも掲載していますので利用する人も増えています。不動産会社では、各自公式のホームページで様々な不動産情報を公開しています。その中にはオフィス専用の不動産もありますので、まずはそれらを比較検討してみるのもいいでしょう。この場合一つの不動産会社に特定するのではなく、多くの会社を比較検討してみることをお勧めします、複数の不動産会社を比較検討することで、条件の良いオフィスが見つかることもあります。このように事務所を移転する場合は、まず情報収集から始めてみてください。

事務所移転にまつわる費用は経費です

自営業の方は引越しをするのもひと苦労。青色申告の住所や会社の登記を変更しなければなりませんし、その上事務所を持っている方の場合、事務所移転費用もかさんでしまうことでしょう。しかし、事務所移転に関わる費用は、必要経費として確定申告時に申請できることをご存知でしたか。事務所移転に関わる費用の勘定項目は、地代家賃を使用するか、雑費や支払手数料、荷造賃などを用いることで問題ありません。引越しにまつわる経費ですので、引越し業者に支払った移転費用はもちろん、移転先へ移動する際の移動費用なども計上することも可能です。ただし、それによって本人や従業員などが引越しする際の費用は、逆に経営者持ちになり、経費計上することはできない場合が多いので注意してください。物入りな時期ですのでなるべく費用を抑え、スムーズに移転先の事務所で業務ができるようにしていきたいです。

事務所移転で整理を実行するには

事務所移転のためにはまず荷物を整理しなければなりません。倉庫に置きっぱなしであった粗大ごみともいうべき不用品の山々は、即刻捨てる必要があります。新しい事務所をごちゃごちゃの荷物でいっぱいにしないためにも、まずはいらないものを整理してください。買取可能なものは処分ついでに売ることができます。粗大ごみの収集から買取まで請け負っている業者もあるので、時間がない場合はそうしたところに一括でお願いすることもできます。社員一人一人への通達も大事です。余計なものは持ち込まない、これを機に持っている書類をファイリングするなどして整理するなど指導しておきます。デスク周りをすっきりさせるチャンスとして、社員一丸となって取り組むことが大切です。共有しなければいけない資料など見つかるかもしれません。より整理を本格的にしたいのであれば、各部署ごとに移転リーダーなどを決めて計画的に実行します。

リニューアルにも新設にも幅広くお手伝いいたします。 会社内のコミュニケーションに自然と繋がり連帯感を生みだします。 オフィス作りをトータルでプロデュースさせえていただきます。 総合的なオフィスデザインを通じてクライアント様の業績向上に貢献し、お役に立てるよう尽力することが当社の強みです。 事務所移転ならこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)